引っ越し業者はどこが一番お得なのか!これが結構難しい

さぁ引っ越し、何処の業者にする?

私は今までに17回引っ越しをしてきましたが、決して公安から逃げている訳ではなく、親の仕事の関係等で引っ越しを繰り返してきました。

ですので業者を選ぶ時に何を基準にするかを決めています。

それは何かといいますとズバリ「金額」です。な~んだ、やっぱりと声が聞こえてきそうですが、やはり金額はおおきなウェイトを占めています。いくつもの引っ越し業者と連絡をとり見積もりの話になります。

経験のある方なら分かると思いますが、電話の際におおざっぱな金額が分かることもあります。

しかし実際に部屋にある荷物の量や建物の立地条件等、現場に行かないと分からないことも沢山あるので、現場で見積もりをします。そして金額を提示されて自分が納得できるところで契約になります。

金額は安いけど、なんだかなぁ~

先ほど金額はとても重要とお話しましたが、金額は安いけどこの業者の方に荷物を運んでいただいて本当に大丈夫だろうか?と思う時があります。勿論その業者の方を批判している訳ではないのですが、大手と比べて知名度が高くない小・中規模の業者さんとしたら金額を安くするのが一番分かり易く契約を取り易いのです。

ですので見積もりの際に「うちはこの金額でやりますよ!お客さんの大切な荷物をしっかり運びますよ!!」と身を乗り出して訴えてこられたりします。(勿論そういう営業マンばかりではないと思いますが)

ただ私が経験した見積もりでは半分以上はそういう人がいました。ちょっと引いてしまうというかお腹一杯です。

大手の業者はさすが? でも落とし穴が!

コマーシャルでもお馴染みの大手の引っ越し業者を使ったことがあるのですが、やはりサービスや社員さんの教育がゆき届いていると感じました。

まず作業員の人数が多いです。金額を下げるために人件費である作業員を減らす。つまり一人一人の仕事量が多くなり場合によっては作業が荒くなってしまう。無理な運搬などをして物を壊してしまうなど。格安業者より一人以上は人が多いですね。そういった意味では安心です。

但し一度業者さんのトラップにかかってしまう経験をしました。引っ越しの最中にベテランの作業員から「タンスや食器棚の後ろに特殊シートを貼るサービスはどうですか?」と言われたのです。

作業員の感じが良くシートの性能についても詳しく説明を受けて確か全部で一万円くらいでしたかそのシートを貼ってもらったのですが、引っ越しから三日目に外れて壁とタンスの隙間にたたずんでしまいました。

こういう事もあるかもしれません、業者選びは慎重にしなければいけないと痛切に感じました。

コメントを残す

このページの先頭へ